テーマ:ラノベ

博多豚骨ラーメンズ4/木崎ちあき

コミカライズが決定したようで、おめでとうございます! 博多豚骨ラーメンズ4/木崎ちあきの簡易感想です。 今回は榎田が主人公のお話。 相変わらず斎藤が不憫な扱いですが、 1作目のように軽快なストーリーで面白かった! 今回は敵がショボすぎましたが なんだかんだ殺し屋仲間?草野球チームの仲間?で 力を合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の色に耳をすまして/小川晴央

もし”人の声に色がついていて感情がわかったら”うまく生きていけたのだろうか? それとも苦しみながら生きていくのだろうか? 君の色に耳をすましての簡易感想です。 前作の「僕が七不思議になったわけ」よりだいぶ間が空きましたが小川晴央さんの2作目です。 プロローグを読むとゾッとしますが、 相変わらず文章も雰囲気も良くて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュガーダーク 埋められた闇と少女/新井 円侍

第14回スニーカー大賞大賞受賞の作品。 前々から気にはなっていたので買ってみました。 そのせいかちょっと期待しすぎたかもしれない。 読んでいて面白いのですが、 読み終わった後の気持ちはさっぱりしていて。 もう少しモグラを掘り下げて カラスも活躍してくれれば。 そのせいか長くないので読みやすいですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想い出の色、あなたに残します/渡来ななみ

想い出の色、あなたに残します/渡来ななみ たましいというものがあるとして 死んでもなお愛する人の近くにいたいというのは我儘だろうか? 死んでもなお愛する人にそばに居てほしいと思うのはエゴだろうか? それがたとえ愛する人の願いだとしても。 少しだけセンチメンタルな思い出ストーリー。 恋愛ではなく生きると…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アクセル・ワールド18 ―黒の双剣士―/川原 礫

久しぶりだと思ったら8ヶ月ぶりだった! もう前の引きを覚えてなかった。 次は忘れないうちに出して欲しい。 そんな18巻は結構話が進んだ。気がします。 ハルユキハーレムもまた進みました。 今回は黒の双剣士を中心に進みますが 強さがチート級。 もう丘の黒船れべるですよ。 そんな双剣士とトリリードを皇居から救う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その白さえ嘘だとしても/河野裕

あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。 クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、遮断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラダリセット/河野裕

何度目かの再読。 言わずもがなのサクラダリセット 今更感想を言うまでもないが、 時々無性に読み返したくなる。 こんなにも 純粋で 真っ直ぐで 綺麗で 優しくて 温かくて 我儘で 優しい物語を私は知らない。 私が読んだ本の数なんてたかが知れてるが それでも胸を張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトリカ・クロニクル/森 日向

第21回電撃小説大賞<銀賞>受賞 切り札は話術――。 心優しき詭弁使いと狐の師匠の旅物語。 巧みな話術はあまりなかったと思いますが、 詭弁、強弁、屁理屈など言葉遊びの展開、 話の流れとか展開も上手くまとまっていて レアの真っ直ぐさにも心打たれたし 読みやすく面白かった! レトリカ・クロニクル [ 森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却のレーテ/法条遥

眠りにつくたび「昨日」が消える七日間 会った人、食べた物、殺人。「昨日」のすべてを忘れさせる記憶消去薬「レーテ」。 「ある特定の期日の記憶だけを、完璧に消すことが出来る」実験役「レーテ」をめぐる記憶喪失ミステリー。 客観的に『忘れる』ということが描かれているので、その怖さを思い知ります。 ですが、ハードル上げすぎたせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘つき探偵・椎名誠十郎/二丸修一

貴女の依頼、華麗な「ウソ」で解決します。 嘘つき探偵王子に、きっとあなたも騙される。 嘘は悪いものだと知りながら、その幻想に酔うことを肯定している、 嘘つきな探偵の話。 ミステリーでも頭脳戦というわけでもないですが、 3人の掛け合いも、テンポも良くて読みやすいです。 そして色々な嘘について考えてしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多豚骨ラーメンズ3/木崎ちあき

第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作、続編! 悲しい過去が紡がれる、命懸けの対決の行方は――。 早くも3巻。 殺し屋の話なのに軽すぎるとは思いますが、 テンポも良くて読みやすい。 今回は林憲明ことリンちゃんの過去を乗り越えて成長します。 にわか侍はいいとこなしだったり、他のキャラクターも出番ほぼなしだったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十年の約束/大平しおり

一通の手紙が運ぶ、言葉にできなかった想い―― 在りし日の約束が深く切なく心に響く感動の恋愛物語。 この帯を見たら買わずに入られませんでした。 真実が明らかになっていくたびに痛くてたまらない。 そして、二人も知り得なかったであろう真実がわかった時には胸が震えました。 けれど、話の交錯ぐあいとか、御伽草子などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

φの方石 (ファイのほうせき)/新田周右

第21回電撃小説大賞<大賞>受賞 若き異才の方石職人・白堂瑛介と 人々を狂わす“魔石”をめぐる幻想ミステリ 方石という、様々な服飾品に変じることのできる立方体をめぐるミステリー。 タイトルのφの方石の謎にはさすがに驚きました! 設定が現代なのでやり過ぎ感はありますが。 方石にアクション属性がつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラテラル 〜水平思考推理の天使〜/乙野四方字

~あらすじ~ 謎を解く事が生きがいの少年・鳩ノ巣論。  高校二年の一学期初日、新しいクラスで論の後ろの席になったのは、全身白ずくめの奇妙な女子生徒だった。  瑞平すすめ。  極限まで肌を隠し、合成音声で自己紹介する不可思議な少女。  アクシデントがきっかけで論がその肌に触れた瞬間、突如世界が暗転した。『天使』が支配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期テレパス/天沢夏月

~あらすじ~ 学校で話題になった一つの噂。「そのサイトに空メール送ると、友達の〝本音〟を教えてくれるんだって」  秀才の大地、お調子者の学、そしてさばさば女子の翼は、帰宅部3人組。自然と集まってダラダラ時間を過ごす、心地良い距離感の友達だった。  だけど、夏祭りの夜――。  ふざけて登録した例のサイトから、一通のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつ海のパラスアテナ/鳩見すた

第21回電撃小説大賞<大賞>受賞作 それは、いつ終わるとも分からない。 ボクの、『生きるための戦い』――。 とあるように”生きる”がテーマの作品。 その割にサクサクと進んでしまい もっと冒険譚のようなものかと思っていたのですが 少しご都合主義が多いかなと。 ただ、現在心が弱っているせいもあって いろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度めの夏、二度と会えない君/赤城大空

ー好きだなんて、言わなければよかった。 突如転校してきた森山燐は不治の病を患っていた。俺は彼女と共に、ライブを演り、最高の時間を共に過ごし……そして、燐は死んだ。俺に残されたのは、取り返しのつかない、たったひとつの後悔――決して伝えてはいけなかった言葉。俺があんなことを言いさえしなければ、きっと、燐は最後まで笑顔でいられたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失恋探偵の調査ノート/岬 鷺宮

失恋探偵があなたの恋の終わりをお手伝いします。 失恋探偵の調査ノート/岬 鷺宮 失恋したのに恋の終わりのお手伝いってなんだろう? と、惹かれて購入。 「誰かが悔いなく失恋するのを手伝いたくて、失恋探偵をやっているんです」 という失恋探偵の那由多くんが4つの失恋の手伝いをします。 ”正しい恋の終わらせ方”は人そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いたいのいたいの、とんでゆけ/三秋 縋

「自分で殺した女の子に恋をするなんて、どうかしている」 こんな始まりを読んでしまったら買わずにはいられませんでした。 『いたいのいたいの、とんでゆけ/三秋 縋』 買ったのは昨年ですが、読んだのは年が明けてから。 新年早々すごいものを読んでしまいました。 作者いわく”二度と抜け出せない穴に落ちた人の物語” そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多豚骨ラーメンズ2@木崎ちあき

博多豚骨ラーメンズ待望の続編です! かる~く感想を。 今回は前作以上に話が交錯しています。 おかげでそれぞれの依頼人が不明なところもあり。 しかも前作以上に人が殺し屋が殺され。 その分殺し屋たちのノリが軽すぎて。 前作は殺し屋にもう少し根本に理念や思想があった気がしたんだけどな。 あれっ!?感想じゃない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド17 ―星の揺りかご―@川原 礫

かる~く感想を。 ≪最強のカタルシス≫でおくる次世代青春エンタテイメント! 最新刊、満を持して登場! ホントに久しぶりのアクセル・ワールド。 最近はSAOばかりだったし。 そして紹介文通りのカタルシス満載! というかカタルシスとハーレム話ばかりで 本編が進みません。 歳のせいか最近はカタルシス読むの疲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なにかのご縁2@野崎まど

今一番好きな作家野崎まどさんの新刊 なにかのご縁2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う が発売されました! 待ちに待ったゆかりくんシリーズの第2弾です! 西院さんの活躍はほとんどありませんが 相変わらずのゆかりくんとウサギさんの掛け合いや 新たな縁結バーの登場や 新たな縁も出てきます! コミカルとシリアスがう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやかし飴屋の神隠し@紅玉いづき

ミミズクと夜の王で涙した紅玉いづきさんの新作あやかし飴屋の神隠し。 妖怪が出てくるけれど怖さはなくて 叶義の情と優しさにあふれる物語。 もちろん叶義以外も優しい人ばかりで 温かい気持ちになれる絵本のようなお話です。 言葉遣いが少し難しいのですが、 4話構成になっていて、少しずつ読み進めて行けるので 時間がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野崎まどさんの新刊情報!

2014年9月25日に野崎まどさんの新刊が発売になります。 発売までに前作を読み返しておかないと。 なにかのご縁2/野﨑まど 一緒に 博多豚骨ラーメンズ2/木崎ちあき もオススメ! なにかのご縁 2 (メディアワークス文庫)[本/雑誌] (文庫) / 野崎まどCD&DVD NEOWING ★書籍商品の購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月に読んだラノベ感想

4月ですが、3月に読んだラノベのお話。 ・僕が七不思議になったわけ/小川晴央  第20回電撃小説大賞<金賞>受賞作品です。  生きているけど七不思議にさせられてしまった中崎くんの  笑いあり、切なさありのミステリー。  七不思議を司るテンコと中崎くんが掛け合いしながら、  七不思議を使って謎を解いていくのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多豚骨ラーメンズ/木崎ちあき

第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作品! 「あなたには、どうしても殺したい人がいます。どうしても殺さなければなりません。さて、あなたはどうしますか?」 こんな冒頭で始まる博多の人口3%の殺し屋達が 運命か、必然か、はたまた偶然か!? 殺し屋が復讐屋が探偵が殺し屋殺し屋が出会い錯綜する! 登場人物は多いですが読み分…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

なにかのご縁@野崎まど

野崎まどさんの新作「なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る」 帯には とっても愉快でちょっと切ない 一人と一匹の『縁結び』。 とあります。 今作も野崎まどワールド全開で、すぐに物語に引き込まれ一気に読んでしまいました。 おどけたとぼけた調子もありつつ、今までにない心温まる涙腺緩むお話です。 オススメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生のパラダイムシフト リ・ユニオン / 武葉コウ

ライトノベルの歴史を変える一冊。 この仰々しい帯に惹かれて購入。 第24回ファンタジア大賞 大賞&読者賞 受賞作です。 ネタバレありの感想なのでご注意! ~あらすじ~ 想像を現実のものとする奇跡の力―思考昇華(パラダイムjシフト)―を振るい人類の敵、残留体をかる少年が記憶喪失の少女と出逢った・・・ あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド13-水際の号火- / 川原礫

ハルユキのハーレムワールドは加速する! というわけで、久しぶりのアクセル・ワールド新刊の感想。 ネタバレ含みます! ニコがソロで表紙。 巻末コメントによると特に意味は無いようです。 前巻で『光学誘導』アビリティを取得し、さあ『大天使メタトロン』を撃退! かと思いきや、文化祭が行われたり、アッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2@野崎まど

[映]アムリタでブギーポップ以来の衝撃を受けた野崎まど作品。 558パージという大作ですが、5時間ほどかけて一気に読み上げました。 これぞ目が離せない作品!って感じで気がつけば一気に読み上げてました。 少し?のSFと圧倒的な展開と驚愕のどんでん返しのどんでん返し。 読み終わったあとは[映]アムリタ同様放心状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more